kimononosuitei
着物買取専門店の口コミ評価ランキングの【着物買取のオススメ業者】

男の着物に相応しい色とは

着物の色には流行がありますが、反物の売り場でメンズ用の反物の色数が少ないと感じることも多いものです。メンズの着物人口がさらに増えれば、反物の素材も色も柄も今よりも豊富になる可能性はあります。近年では、メンズ用の着物や羽織の色で注目されているのは、グレイそして、茶色やベージュです。基本的に紺や藍色が主体となっていましたが、少々、制服やスーツの色としても飽きられた傾向がみられます。スーツの色が変わってきたように、着物の色にも世相が反映されているのです。 同時に、主流であったお対よりは羽織の色や素材を替えてきた替え羽織に人気が出ています。堅苦しい感じのするお対よりも遊び心に満ちた替え羽織のほうが現代の男性には受け入れられやすいのです。今は、一枚目の羽織から着物と色や素材を替える人が多く、替え羽織の色は明るめの色が多くなっています。銀鼠や薄茶、白茶や薄めの緑が多く、柑橘系の色が少なくなっており、あくまでも長着とのコーディネートが大切ですが、自分の好きな色の挑戦するという楽しみを味わうことも大切です。